胃がん検診の医師バイトの求人は?

医師検診バイト求人TOP >> FAQ >> 胃がん検診の医師バイトの求人は?

胃がん検診の医師バイトの求人は?

現在の日本人の死因の中で、最も恐れられているのは、やはりがんでしょう。特にその中でも胃がんは非常にチェックをされており、実は1997年まででは日本人のがん死因の第一位を誇っていました。現在では肺がんに抜かれてしまいましたが、胃がんは今でも2番目に多く致死率の高いがんとして知られているのです。ちなみに肺がんを発症してしまう方が年間で5万人に対して、胃がんに掛かる日本人はその2倍の10万人になっているのです。

つまり胃がんというものは、日本人が掛かりやすいがんであるといえるわけです。半分の発症者の数しかないにも関わらず、どうして肺がんが死因ナンバーワンなのでしょうか。それは肺がんというがんが致死率の高いがんだからなのです。それともう一つ、胃がんというのは、早期発見をすることによって98パーセントの確率で根治をすることが可能だということです。こういったことによって、胃がん検診というのは、世の中に広く広がることになるのです。

がんというのはもちろんドクターならば把握しているでしょうが、0から4までのステージに分けられており、最も完治の可能性というものをステージ0。もっともがんが進行している状態をステージ4としてランク付けしているのです。胃がんの場合、ステージ4の状態までになると5年生存率はたったの7パーセント前後になります。しかしながら、ステージTでは87パーセント以上、更にステージUでも62パーセント。ステージVでは40パーセントといった高い数値を誇っているのです。

こういったデータを見ると胃がんは発見をすれば、生き残れるチャンスがあるがんであるため、やはり胃がん検診は受けた方が良いという結論に至ります。胃がん検診のバイトも結果として非常に増えている状況なのです。作業内容として、胃のX線検査を行い、異常が認められた場合には、胃の内視鏡検査を行います。その後、がんが見つかれたそれぞれのステージ状況に合わせた治療が開始されるといった流れになり、X線の読影と内視鏡を扱えるドクターならば、重宝されることでしょう。

このようにがんに関しての情報というものは、最低限に覚えておく必要があるでしょう。もしもがんが検診によって見つかったとしても、早期発見の状況である可能性は高いわけですから、胃がんは早期発見で治りやすいがんであるということも、患者さんに伝えがんという症状に高い恐怖心や絶望感を与えない考慮をすることも重要ですね。

医師検診バイト求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2014 医師検診バイト特集 All Rights Reserved.