子宮頸がんの医師バイトの求人は?

医師検診バイト求人TOP >> FAQ >> 子宮頸がんの医師バイトの求人は?

子宮頸がんの医師バイトの求人は?

近年では年齢を重ねた女性ばかりではなく、比較的に若年層と言われるような若い年代の女性でも、子宮頸がんを発症していることが多いとされています。子宮頸がんは子宮がんの一種で、子宮がんは子宮頸がんと子宮体がんとに分けることが出来ます。ちなみに女性のがんによる死亡原因の中では、6番目に高い致死率を誇るがんでもあります。前述にある通り、子宮頸がんが20代から40代といった若い年代の女性に発症することが多く、子宮体がんが50代以上の女性に発症することが多いということがその特徴になります。

以前までは死亡率の高いがんとして知られていたのですが、早期発見による根治が可能ながんであるため、各地方自治体が子宮がん検診を積極的に行なっていたり、テレビCMなどで子宮がん検診の重要性を放送するといったことの影響からか、子宮がん検診が当たり前に行われるようになり、早期発見が増加したことから、子宮がんによる死亡者が減少して現在の状況に至っています。

こういったことからも、全国的に子宮がん検診は至る所で行なっていることから、子宮頸がんの医師のアルバイト求人も非常に多く見つけることが可能です。子宮頸がんは若い年代に発症する子宮がんと言いましたが、発見が送れると死亡に至ってしまうことの他にも、妊娠や出産といったことが出来なくなってしまう可能性も高くなります。女性の人生にとって、非常に大きな影響を与えるがんになりますから、一年に一度の検診が進められており、そのために子宮頸がんの医師のバイト求人数は一定数見込まれているのです。

子宮頸がん検診の業務内容としては、生理が起きた年齢であったり、普段の生理時期の様子。更には妊娠や出産の経験があるかどうか。子宮頸がんに関しての知識があり、その自覚症状などがないかどうかなどの問診を行なっていきます。次に診察台に乗せ、子宮頸部を視診し、膣鏡を使って子宮頸部の観察を行なっていきます。更に子宮の形や大きさ、ついているイチや表面などの状態。炎症などが起きていないかを視診していきます。

場合によってはコルポスコピー診を行います。子宮頸がんのバイト求人の中にも明記されているスメア検査という子宮頸部の細胞を採取する検査も行なっていきます。こういった検査のスキルや知識は最低限身につけておきたいところでしょう。子宮頸がん検診に関しては、やはり女性の性器を視診したりするわけですから、検診者の多くは男性ドクターではなく、女性ドクターを指名することが多いため、女性ドクターの需要が高くなっています。

医師検診バイト求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2014 医師検診バイト特集 All Rights Reserved.